人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヘタレババ

会員さんとBOSSが馬場で乗っている時にお馬達を放牧したら、メリーが私の方を見ながら馬場の出入口に行き、中に向けて私も入りたいと前掻きを。
ヘタレババ_e0145441_20323320.jpg
ヘタレババ_e0145441_20325772.jpg

あんた昨日私が乗ったでしょ。また私に乗れと言ってるの?
今日みたいな天気(写真では解りにくいですが、かなり雪が降っていて、風もあり、寒いです)はヘタレババは乗らないのよ。
# by kyabamarin3 | 2009-03-02 20:35 | お馬

地震か?地響きか?

9時半過ぎにミッキーを放牧しようと思い、馬房を開けた途端にドンという物音が。
するとミッキーはクォーター独特の急加速 物凄い勢いで地響きたてながら馬房の通路を走り抜けて行きました。
他の馬達も全部出しましたが、みんな放牧場へは行かず、何故だか馬房の出口で固まっています。
後で知りましたが、ミッキーを出した時に地震があったんですね。ミッキーのあまりの勢いに揺れは分りませんでした。
一番先に出したメリーはただ一頭 放牧場へ入って行き、後続が来ないので困っていました。


今日もメリーに乗ろうと意気込んでいましたが、あまりの寒さに意気消沈。
BOSS一人でアリスの調教でした。
明日は会員さんと約束しているので必ず乗るぞー!

大阪にいるときは夏 暑いと、馬が可哀そうと言っては乗らず、北海道に来て、寒いと、自分が可哀そうといっては乗らず、まあただのヘタレと言うことですな。
地震か?地響きか?_e0145441_19191637.jpg

# by kyabamarin3 | 2009-02-28 19:48 | お馬

今からの時代に大事な事

日本酒が届きました。
今からの時代に大事な事_e0145441_20445335.jpg

左から2番目のお酒は江戸時代の酒造りの文献を参考に造られた日本酒の古酒だそうです。
すべて山形のお酒です。別に山形にこだわっている訳ではありません(新潟など東北が好きです)が、このお酒を扱っている山形の赤門さんというお店の親切丁寧な対応が気に入って買っています。もちろんお酒も美味しいです。
4日程前の事ですが、とある和歌山のワイン屋から購入したワインが劣化していたので交換をお願いしたら、断られました。初めて買ったお店ではなく、ちょくちょく買っていたお店だったのでショックでした。(これで3回目ですが、他の2店は気持ち良く交換してくれました)今からはやっぱり何をするにも良心的にしていかないといずれダメになっていくと思います。私達も気をつけていかなければならない最重要点だと思いました。
赤門さんはいつも丁寧に自筆でお酒の説明を書いて同封してきてくれます。こういったちょっとした気遣いというのは大事な事だと思います。
今からの時代に大事な事_e0145441_2113018.jpg

# by kyabamarin3 | 2009-02-27 21:04

昨日のオロオロメリーです。乗るとオロオロではなくイケイケメリーになるのが不思議です。
暴走馬に上手く乗せられた私の不幸な出来事_e0145441_70285.jpg


23日に書いたトレッキングよりもかなり前に馬運車で大滝村へのトレッキングに参加しました。
参加人数が馬の頭数よりも多かったので、2チームで交替で乗り替わる事になりました。
駐車場からは何か工事をしているのか、ダンプがよく通る道路をゆっくり通りながらトレッキングは始まりました。しばらくして山道に入り、スタッフや会員 本州からのビジターさんたちとわいわい楽しく時間は過ぎて行き、帰りの最終の交替のときに誰も乗りたがらない馬が一頭残りました。スタッフが私に乗って と言うので、私はいつでも乗れるからせっかく遠くから参加しているビジターさんに乗ってもらって と言うと、どうしても私に乗って と言うので おかしいな と思いながら乗ることにしました。私もその馬にはまだ乗ったことがなかったので一番後ろのどう見ても走らなさそうな足の太い馬の後ろに着けることしました。
先頭(スタッフではなくその馬にはじめて乗る会員さんです)が走り出すと、案の定 前の足の太い馬はゆっくり走るので安心していると、だんだん私の乗っている馬がイライラしだしました。イライラが限界に達した時、パッと横っ跳びをして足の太い馬の横に出たが最後、恐ろしい勢いで走りだしました。
手綱を引こうが伸ばそうが、何をしても何を言っても速度を緩めず、さらに延びて他の馬をごぼう抜きにして走って行きます。競馬じゃないんだから止めて!主人の馬を抜こうとするときに この馬止まらんわ!どうしよう!と言うと、主人も追い付こうと一生懸命に走らそうとしていますが、残念ながら主人の乗っているのも足の太い馬で全然追いつかず、泣きそうになっていると、その馬の子分馬に乗って女の子が頑張って走って来てくれましたが、なにせ子分馬が後ろから来るものだからますます負けたくない!と速度を上げていきます。
アーもうすぐダンプがたくさん通る道路に出てしまう!ノーコントロールであんなとこへ行ったら死んでしまう!
と その時、先導のボス馬が切れて暴走し出しました。すると私の馬は落ち着いたのか失速し出しました。
乗っている会員さんは今度は私と同じ状態(たぶん顔も)になり、みんなでどうしようと思っていると、ゴール近くなって馬が失速し出しました。
しっかりした先導者がいない場合は やっぱりコントロールできる技術を身に付けてからトレッキングに出た方がいいと思います。痛感した出来事でした。
後で聞くと、私の乗った馬は先頭に行かないと気が済まない馬ということでした。
# by kyabamarin3 | 2009-02-26 07:30 | お馬

馬暴走

今日は、家内が具合が悪いため、急遽ブログを担当します。(すみません)
ちなみに写真は、本件と無関係です。ムーサンが馬房から出たいとせがんでいるところです。
さて、トレッキングの話です。
5年前ぐらいに札幌のクラブの外乗での出来事です。
クラブ主催でトレッキングをしていた時のことです。スタッフの新人が馬に乗り、トレッキング最終にさしかかったときに起こりました。
馬の暴走が・・・。運悪くスタッフなので、先導です。つまり、先の馬が無いわけで止めるすべは、本人のみです。経験も浅いスタッフは、手綱は引いていますが、恐怖のあまり足は締まっていますし、手も上がっています。私が3頭目を走っていたのですが、後ろから見てわかるぐらいでしたから、本人の恐怖心は図り知れません。
そこで、私は瞬間に自分の乗っていた馬を前に出しました。(そこのクラブでこの馬を調教していたので、言うことはよく聞いてくれ、しかも小ぶりでありながら速い馬でした)
15秒ぐらいで横に並び、スタッフに声を掛けて落ち着かせようとしましたが、「恐いっー!」と言うだけで本人はリラックスしません。馬の方を見ると耳は前を向き、かかった状態です。ここで、止めなければ大変なことになると思い、暴走馬の前に出でて、暴走馬の顔の位置に自分の馬の尻が来たときに道の端に幅寄せするようにしました。最初うちは。暴走馬は無視して走っていましたが、こちらが速度を少し落とすと速度が落ちてきました。「やった!」と感じて、ぐっと速度をおとして速歩にしました。そこからは、簡単に止めることまで容易でした。スッタフには感謝されましたが、自分でもとっさに考えて良くやったなと思いました
馬暴走_e0145441_21402825.jpg

今は、自分の牧場を持ち調教していますが、調教の重要性を再認識した出来事でした。
馬の暴走は、避けることは可能なのですが、先頭の馬の場合は危険性が高いのです。(後ろの馬も暴走することが多い)先頭を走る時は、本人の実力はもちろんのこと、後ろを見る余裕の速度と馬のテンションを感じて、走ることが必要なのです。(今は偉そうなこと言えますが・・・)
# by kyabamarin3 | 2009-02-25 21:40 | お馬